メインイメージ

廃車の際に料金

廃車の際に発生する値段について

自動車を廃車手続きする際には費用がかかります。これは平成17年より施行されている自動車リサイクル法という法律にのっとったもので、廃車するときに必ず車ごとに定められているリサイクル料金を支払われなければなりません。

ただし、このリサイクル料金は17年2月以降であれば車検を通す際に自動的に徴収されているので、基本的に廃車時にまた料金が徴収されるということはありません。廃車にかかる値段は車種によって異なるものの、だいたい軽自動車で8000円程度で、国産の自動車で1万円、外車の場合は2万円程度徴収されます。

現在日本国内では年間400万台~500万台ほどの自動車が廃棄されていますが、この自動車リサイクル法の施行前には廃車する自動車には金属類やエンジンなどの多くのリサイクル可能部品が含まれているため、各種自動車業者により独自に回収、リサイクルが行われていましたが、リサイクル可能な有価物を取り外した後には処理するためにお金がかかるような部品が多く、不法投棄の温床になっていました。この不法投棄をなくすために、平成17年度より自動車リサイクル法が施行されて、廃車を担当する業者ではなく、自動車の所有者に対してリサイクル不可能な部品にかかる値段を負担するように定められました。

尚、実際に車の所有者が車買取業者に売却が不可能なほどの車を廃車する場合には別に料金がかかる場合も多くあります。

まずは車の引き取りを依頼しなければなりませんが、この際にかかる運搬量です。

もちろん運転可能な車であれば自分で自動車を運転して業者にもっていった場合運搬量はただになります。しかし、廃車になるような自動車の場合走行不可能なものも多くあり、このときには業者を呼んで運搬してもらうことが必要不可欠となってしまいます。

そして車の解体費用があります。これはリサイクル料金とは別に徴収されるものでだいたい1万円前後の料金がかかります。さらに自動車の登録を解除するための抹消登録料というものがあり、こちらは350円かかります。これらの抹消手続きや、廃車の各種手続きは大抵業者に依頼するものでこのときに手数料として2000円~1000円程度の料金がかかります。もちろんこれらの手続きはユーザーが個人ですることも可能ですが、素人にはややこしい部分もあるので大抵の人は業者に一任します。
このように多くの料金がかかってしまいます。最近では中古車販売する際の一括査定がとても人気ですが、同じように廃車を担当する業者の一括査定も数多く存在します。業者によって多くの値段がかかるうえ、Web上で誰でも簡単に申し込める作業のため、一括査定を利用することをお勧めします。