メインイメージ

抹消登録費用

抹消登録費用かけずに廃車買取

もう乗ることもなく外装も内装もボロボロの車や年式が古かったり、事故で動かなくなった車の処分に困ってしまう場合があります。放っておくと毎年の自動車税がかさむことにもなりますので廃車処理を考えるのですが面倒で費用も掛かります。廃車の手続きには永久抹消と一時抹消の二通りありどちらかの処理をすれば自動車税はかからなくなります。

永久抹消は、文字通りその車を二度と使えなくする抹消登録で、解体してスクラップにする場合はこの処理が適当で、一時抹消の方は、これも文字通り一時的に車をつかえなくする処理で、今後、再び使用する予定があるときはこの処理になります。

いずれにしても、そこに手続きの煩雑さや費用の負担が必要になってきます。廃車の手続きにかかる費用ですが、これはその車の車種、グレード、地域の違いなど色々な条件が重なり合って一概にいくらとは言うことができません。

自分で廃車手続きを行った場合、自動車リサイクル費用の支払い状況によっても変わってきますが、自動車リサイクル費+解体費用+抹消登録費で、約15,000円前後がかかると思っていいでしょう。この煩雑な作業を、行政書士に依頼することもできますがすべての過程を依頼すると訳10,000円ほどかかります。この場合は、廃車手続きの費用と合わせて25,000円程度かかってしまいます。

安く済ませるためには自分で手続きするほうがよいでしょう。その他、廃車の買取をしてくれる業者があります。実は廃車にする車にも価値はあるのです。再生不可能な事故車や廃車も中古のパーツとして価値があったりスクラップとして金属価値があったりしますので、全くの無価値ということはありません。

車の状態によってはかなり高額な金額が提示されたりすることもあります。また、解体や抹消登録の代行を担ってくれるところもあります。煩雑な抹消処理を行ってくれた上に買取金額から費用を引いた金額を受け取れることもありまた、自分で廃車手続きをするよりも費用を安く抑えることができます。

これを利用しない手はありません。買い取り業者の選定もいまは、インターネットで居住地の近くの買い取り業者に無料で査定を受け付けてくれるところがありますので、電話でいちいち問い合わせる手間もありません。

自己判断で車の価値を決めつけて高い費用で廃車処理するよりもこういった買取業者を利用してみると安く、あるいはそれ以上の金額で売却できるでしょう。