メインイメージ

手数料について

車を廃車にする際に発生する手数料について

平成17年より施行された自動車リサイクル法により自動車を廃車にはユーザーがお金を支払うことが義務づけられたことは広く知られていますが、車の廃車する際にはその他にも多くの料金がかかります。まずは運搬料です。廃車手続きを担当する業者は多くありますが、大抵の場合運搬するために料金がかかります。

もちろん、自分で運転して業者に廃車予定の自動車を持っていった場合には費用はかかりません。

しかし多くの場合廃車予定の車は走行することが困難なものや、既に車検が切れている自動車多いため運搬してもらうことのほうが多いです。また、事故を起こしてしまった車など予想だにしないタイミングで愛車を廃車しなければならない自体もあります。無論それほどの事故を起こした車では公道を走行することができません。その他の手続きをするための料金も発生します。

抹消手続きもしなければならず、これには350円ほどの費用がかかります。抹消手続きも素人が手続きを行うためにはややこしいもので、大抵の場合業者にやってもらうことになりますが、この際に手数料がかかります。

これらの手数料を深く理解するためには手続きを行う業者について詳しく知っておくことが重要です。引き受ける業者には大きく分けて3種類存在しています。業者ごとにかかる費用が大きく変わってきます。

まず最もユーザーに身近な存在としてディーラーや中古車販売店があげられます。各種地域に多く存在しているため、走行可能な自動車を廃車にする場合には運搬手数料をかけないで各種手続きをすることが可能です。

そのため多くの場合は引き取りの際や廃車の書類手続きに発生する手数料のみ支払うだけで済みます。稀に同市内にあるお店であれば無料で引き取ってくれる業者もあるほどです。

レッカー代を考えなければ引き取り代金と書類手続きで合計2万円~4万円程度の料金がかかります。

身近に感じる業者であるだけに誰でも気軽に利用することができ、手間もかからないのがメリットといえます。しかしながらこれらの業者に引き取られた車は必ず廃車を担当する解体業者に流れます。このため仲介業者を経由したともいえ、料金的なお得度は最も低くなります。手間やわかりづらいことはやりたくないという方にはお勧めの方法です。

しかしながら料金的に得したいという方にはスクラップ業者に直に引き取ってもらうのがかしこい選択です。

場合によっては全ての手続きを無料で済ませてから廃車することも可能です。その他にも車を解体することなく海外へ輸出する業者やオークションに事故車を出品して利益を得る業者などが存在します。

これらの業者はいずれも小規模手であることが多く、その形態も様々であるために、一口に説明することが困難です。