メインイメージ

原付バイクの廃車

原付バイクの廃車手続き方法

まず、処分するかどうか決定する以前に、そのバイクが、処分するしか選択肢がないのかよく考えてみたほうがよいでしょう。自分だけでバイクの価値を判断してしまい、こんなバイクに価値がないと思い込んでいるだけで、一度ショップに相談してみると意外に値段がついたりするものです。

一度査定を受けてみるのもいいかもしれません。たとえ無料引取りでも自分で抹消処理をするよりは安く済ませることができます。しかし、スクラップにして永久処分するのではなく、知り合いや身内に譲り渡したい場合、つまり名義変更をしたい場合はいったん、抹消処理ををしなければ名義の変更はできません。

そこで、自分で廃車手続きを行う必要があります。原付バイクの廃車手続きをする準備ですが、廃車手続きには、一時的に廃車する場合と、スクラップにしてしまう永久的に抹消する場合があります。

今回の場合は前者の譲渡のために、一時的に処理することになります。譲渡する場合もですがこの先数年単位で、乗る予定がない場合は、自動車税の節約のためにもこの処理をしたほうがよいでしょう。

永久的な抹消を永久抹消登録といい、この場合もう二度と公道を走ることはできなくなります。それに対して一時的な抹消の場合は一時抹消登録といい、この場合は再登録することでまた再び走らせることができるようになります。どちらの場合も、原付バイクの廃車手続きはナンバープレートをを管轄している市役所や役場等で行います。

原付バイクの廃車手続きに必要なものは、ナンバープレート、標識交付証明書、印鑑、廃車申告書、です。処理に必要な「廃車申告書」は、抹消処理を行う役所の窓口でもらえます。標識交付証明書は、該当バイクのナンバーを取得したときにもらっていた書類です。

バイクの一時抹消処理が完了した時点で、もし、抹消処理したバイクの自賠責保険の有効期間が残っていた場合、自賠責保険の残りの期間に応じて自賠責保険の払い戻しがもらえます。

バイクの末梢処理が完了した際は、自賠責保険の契約先の保険会社に忘れずに連絡をするとよいでしょう。
処理が終わった時点で、書類をバイクを譲り受ける方に渡します。バイクを廃車処理したときに、渡される「廃車証」というものがありますが、バイクを再登録する場合に必要なものですので紛失しないよう注意する必要があります。以上で一時抹消登録は完了です。あとは、譲渡する立場の方と、名義変更のの処理をするだけです。